肌になじんで効果が高い成分!

保湿成分と聞くと、コラーゲンやヒアルロン酸辺りを連想する人が多いですよね。でも、効果が高くて肌に浸透する成分であるセラミドの存在を忘れてはいけませんよ!セラミドは細胞間脂質を構成する成分で、水分を肌の中に蓄えること以外にも、細胞と細胞の間にあるすき間を埋める役割を持っています。細胞間脂質の量が充分あると、肌が外部刺激から守られるようになるんですよね。肌にある成分だから化粧品を通して補給しても肌荒れ等も起こりにくいのもポイント。市販されている化粧品にも、セラミドが配合されているものがたくさんあります。でも、セラミドって1種類だけじゃないんですよ。

セラミドの中で重要なものは…

セラミドの種類はかなり多いですが、その中で特に重要なものはセラミド1からセラミド3の3種類です。この3つのセラミドは保湿効果の他にも、それぞれに得意な働きを持っています。まずセラミド1は細胞間脂質を互いに連携させる働きがあるので、肌のバリア機能をサポートする役割を持っているんですよ。セラミド2は皮膚の保湿機能に関わっています。人の皮膚の中に一番多く存在しているのは、このセラミド2です。このセラミド2が老化で減少が進むと、肌の乾燥が深刻化してしまいます。保湿だけではなく、しわが深くならないように食い止めてくれる働きを持っているのがセラミド3です。この種類のセラミドも加齢で減少しやすいので、注意しましょう。化粧品にはセラミド2とセラミド3が多く配合されているので、減った分を補うようにしてくださいね。

保湿成分として人気のセラミド!その種類は…?

肌になじんで効果が高い成分!

保湿成分と聞くと、コラーゲンやヒアルロン酸辺りを連想する人が多いですよね。でも、効果が高くて肌に浸透する成分であるセラミドの存在を忘れてはいけませんよ!セラミドは細胞間脂質を構成する成分で、水分を肌の中に蓄えること以外にも、細胞と細胞の間にあるすき間を埋める役割を持っています。細胞間脂質の量が充分あると、肌が外部刺激から守られるようになるんですよね。肌にある成分だから化粧品を通して補給しても肌荒れ等も起こりにくいのもポイント。市販されている化粧品にも、セラミドが配合されているものがたくさんあります。でも、セラミドって1種類だけじゃないんですよ。

セラミドの中で重要なものは…

セラミドの種類はかなり多いですが、その中で特に重要なものはセラミド1からセラミド3の3種類です。この3つのセラミドは保湿効果の他にも、それぞれに得意な働きを持っています。まずセラミド1は細胞間脂質を互いに連携させる働きがあるので、肌のバリア機能をサポートする役割を持っているんですよ。セラミド2は皮膚の保湿機能に関わっています。人の皮膚の中に一番多く存在しているのは、このセラミド2です。このセラミド2が老化で減少が進むと、肌の乾燥が深刻化してしまいます。保湿だけではなく、しわが深くならないように食い止めてくれる働きを持っているのがセラミド3です。この種類のセラミドも加齢で減少しやすいので、注意しましょう。化粧品にはセラミド2とセラミド3が多く配合されているので、減った分を補うようにしてくださいね。

品川美容外科の2chまとめサイト